オタクがモテない理由とは!?非モテなオタクの”性格”を分析してみた

メンズコラム

オタク

突然ですが、世間一般の中で私たちオタクは悲しいかな「モテない人種の代表」として扱われることが多いですよね。

「非モテの人種」として扱われることに不服なオタクも勿論いるかとは思いますが、完全に否定しきれないのも事実です。

というか恐らくですが、非モテを自覚しているオタクの方が圧倒的に多いかと思います。

しかしながらオタクだろうが人であることに変わりはありませんし、異性にモテたいという気持ちは心のどこかに持っているものです。

だから二次元バンザイな恋愛ゲームが溢れているわけですしただ、モテないモテないと連呼されているオタクですが、そんな中でも本当に不思議なことに「モテるオタク」もいるんですよね。それじゃあ「モテるオタク」と「モテないオタク」の違いはどこにあるんでしょうか?今回は「オタクの性格」に焦点を当てながら、オタクがモテない理由とモテるにはどうすればいいかについて考えていきたいと思いますよ!これを読めば、明日には0.00001%くらいはモテ度が上がっているはずです!

オタクが世間から「モテない」烙印を押されている理由

オタクモテない

まず『オタク』とは、ある特定のジャンルにおける自らの趣味に対して異様なほどに執着し、そしてその趣味を究極まで突き詰めてしまう人のことを言います。

私です。良く言い換えれば「物事に夢中になっている人」ということですね。

私です!さて、実際のところこの「特定のジャンル」が何なのかによって、オタクの立ち位置はだいぶ異なってくるのが現実ではあります。

例えばアイドルオタクとペットオタクと怪獣オタクのうち、どれが一番世間からの目が厳しいかという話ですね。とは言っても世間一般的にはオタクはオタクで一括りにされがちですので、ここではオタクのジャンルについてはあえて触れないでおきます。そもそも、オタクから見たオタクと世間から見たオタクってたぶん見え方が違うんじゃないだろうかと思うんです。

かの名作『ヒカルの碁』の1巻と23巻くらいの差はあるんじゃないでしょうか。

ヒカルの碁

というわけで、世間一般の人がオタクに持っているマイナスなイメージについて調査してみました!心の傷に塩を塗り込みながらも、「オタクがモテない理由」をハッキリさせていきたいと思います!

世間の人が「オタク」に持っているイメージと「オタク」が自覚しているマイナスイメージ

オタクイメージ

一般的にオタクの外見と内面それぞれに「オタクはこういう感じ」というようなイメージが定着していますよね。外見に対するイメージは分かりやすいところで言うと「チェックのシャツ(しわしわ)・ベージュのチノパン(しわしわ)・メガネ」だと思うんですが、今回は「オタクの性格」に関する調査ですので外見に持つイメージではなくて内面に対するマイナスなイメージを集めてみました!胸が痛いですが、結果は以下のようになっています。

世間一般の「オタク」に対するマイナスの印象
    • 知識をひけらかしてくる感じがイヤだ
    • 仲間内でしかわからないことばかり話している
    • コミュニケーション能力が未熟な人が多い(コミュ障)
    • 世間を見下している
    • 二次元と三次元って分け方がキツイ
    • キャラクターにガチ恋してるのがムリ
    • 色々諦めてる人多い
    • 所構わず騒がしい
    • 趣味>恋愛な人が多い
    • 何か怖い・キモイ

「当たっとるやんけ」と思うところがチラホラあるのが悲しいところですね!

あと「なんか怖い・キモイ・ムリ」あたりはオタクをしているとよく言われるセリフではないでしょうか。

ちなみに世間一般の人から「怖い・ムリ」と言われる理由は何となく分かりますよね。

それは恐らく、彼ら彼女らにとって「オタク=未知の生き物」だからです。

人は自分の理解に及ばない生き物を見た時に恐怖だったり好奇心だったりを懐きますから、オタクが何なのか理解できない人にとってはオタクは恐怖の対象になってしまうんじゃないかと思います。

「ほら、怖くない、怖くない……ほらね?怖くない」とオタクに迫ってこられたら、そりゃあナ◯シカだって怖いですよね。

「オタク」の「オタク」に対するマイナスの印象(自覚)
    • 自分に自信がない
    • 趣味のことを話す時は饒舌。それ以外は寡黙
    • 人との距離感が難しい。挙動不審になる
    • 趣味のこと以外だと会話に入れない
    • 理想だけは高い
    • 仲間意識が強い
    • なんか色々強がっちゃう
    • 棲み分けはしたい
    • 好きなことにしか興味がない
    • 「自分のほうがオタクだし」と無駄に張り合うところがある

書いていて悲しくなってきました。

オタクって文字ではよく喋るのに、どうして面と向かって話すのは苦手なんでしょう。

自問自答してみてもよく分かりません。なんだかもうオタクだからコミュ障なのか、コミュ障だからオタクになってしまったのか、段々分からなくなってきました。両方か。

オタクだからモテない?違う、そうじゃない

コミュ障

こうしてオタクに対するマイナスな印象を並べてみると、オタクがモテない理由は一つは「コミュ障だから」そしてもう一つは「性格の悪さ」にありそうです。

コミュ障については後々語るとして、ここで言う「性格の悪さ」についてちょっと説明したいと思います。ちなみに「オタク=性格が悪い」と言っているわけではありませんのでご容赦を!

さて、性格が悪い人はオタクだろうが非オタだろうがモテませんよね。

上の調査を進める中で感じたことなのですが、一般の方がオタクに抱いている印象の中で「知識をひけらかしてくる」「仲間内でしかわからないことばかり話している」「世間を見下している」「所構わず騒がしい」ってつまり「性格が最悪」ということに繋がるんじゃないでしょうか?

実際問題、知識をひけらかすなど上記に書いたことを会話のたびにやられるとイヤですよね。

ですのでまず、オタクかどうかは置いといて相手に不快な思いをさせていないかどうかは注意が必要です。異性にモテたいのであれば、まずは「性格が悪い」と思われることをしないように気をつけましょう。

それからあなたが「性格が悪くないオタク」である場合。

肝心なのはここからです!性格が悪くないオタクのあなたが「モテたい」と思ったら、ともかく「コミュ障」をどうにかしなければなりません。

でも一朝一夕でフレンドリーな人間に変身できるんだったら、今までだってこんなに苦労はしてませんよね。もっと人生が色鮮やかになっていること間違いなしです。

ですのでまずは、コミュ障を乗り越えるために第一歩を踏み出してみることが大切です。それでは、オタクであってもモテるために今日明日でできることを考えていきたいと思います!

「モテるオタク」はこうしている!?モテるためのプチテクニックを知る

オタク改善点

オタクがモテない理由はルックスの面を除けば、性格にあるということはみんなが知っている事実です。

というかモテるためにはルックスを磨くことが一番近道であるわけですが、鏡に向かってどんなに勉強しても上げられる顔面偏差値には限度があります。

諦めも肝心です。でも内面偏差値は違います!上げようと思ってがむしゃらに頑張ったら、偏差値を上げられる可能性があるんです。

東◯も四◯学院もビックリの成果が得られること間違いなしですよ。それでは先程挙げたマイナスイメージ(自覚)をいくつか取り上げながら、どうすればオタクのマイナス点を改善できるか一緒に考えて行きましょう!

モテないオタクの改善点①:どうにか相手と目を合わせてみよう

最初から高難易度かも知れませんが、相手とコミュニーケーションをとる上で目を合わせることは最優先事項です。

とは言っても、モテないオタクほど異性の目を見ることが苦手なんですよね。

我々オタクたちの何とピュアなことか……と言ったら聞こえは良いかも知れませんがピュアと言うよりはヘタレなだけです。

ですが、目と目が合う瞬間好きだと気づくことがあるかも知れないように、恋愛に向かって一歩を踏み出したければ相手の目を見ないことには始まりません。

何も事務的・業務的なやり取りの中ででも相手の目を見ろとは言いません。

ただ、もし気になる異性がそばにいる場合は、普段伏し目がちな顔を少しだけ上に上げてみましょう。顔を上げても相手の顔がはっきり見えない場合はまず前髪を切りましょう。

もしくはメガネのレンズをキレイに拭きましょう。はじめのうちは目を合わせるのは怖いかも知れませんが、逆に言えば目を合わせることで相手があなたに対して有効的な人間かどうかを判断することが出来ます。

もしカメムシを見るような目を向けられたら何も言わずその場を立ち去りましょう。大丈夫です、オタクだろうがなんだろうが仲良くしたい相手を選ぶ権利はあるんです。

モテないオタクの改善点②:どうにか早口をこらえよう

オタクは自分の得意ジャンルの話になるとまずよく喋ります。

弾丸のように早口でまくり立てます。特に同士の間なら、どんなに早口で喋っても知識をひけらかしても「分かる」「それ」「わかるわかる」となってどんどん話が続いていくので楽しいんですよね。

でも世間一般の中に入ると何故かこの相づちを打てなくなる……ッ!そもそも一般人の中に入ってオタクトークをする機会はそんなにないと思うんですが、意外と気をつけたいのがライトオタクやオタクに興味を持っている一般人の方との会話です。

ヘビーオタクは当然ながらオタク慣れしていますが、ライトオタクや一般人の方は違います。

でもそのライトオタクや一般の方が将来、あなたの隣に座って「休日は2人で一緒にゲームしてます!」とかいう仲になるかも知れないんですから気を配るに越したことはないです。

というわけで、全体を通して話し方と口調に気をつけるようにしましょう。何より相手のペースに合わせて会話のテンポを意識することはかなり重要です。いきなりテンポを変えるのは難しいかと思うのですが、意識するのとしないのとではだいぶ相手からの受け取り方が変わってきますよ。

相槌を口に出して打つのが苦手なら、まずは頷くところから初めましょう。そして自分が話す際、「早口かも」と思ったらその時点で一回間を取るようにしましょう。

基本的に会話の中で1回以上噛んだら早口で話している可能性があります。落ち着いて。ただ、早口は自分で直すことができますが、吃音(どもり)がある人はまた別です。吃音(どもり)は治そうとすればするほど吃音がひどくなることもありますからね。

もし吃音をバカにしてくるような相手だったらそもそも会話をしないという選択をしましょう。

モテないオタクの改善点③:オタク同士でしかわからないような業界用語を多用しない

オタクは推しジャンルの「業界用語」にかなり詳しいです。

プロ顔負けの驚くべき詳しさです。そしてオタク同士だとその業界用語だらけの中でも会話が成立しますが、一般の方やライトオタクには通じないことが多々あります。

そもそもオタクはその業界用語が一般的には通じない単語だとあまり認識していません。ですので会話の中で「業界用語」を多用していると高確率でドン引きされます。

そしてこれが一般人から「知識をひけらかしてくる」「身内でしかわからない」「見下している感じがする」と言われる理由の一つかと思います。

さて、例えばあなたがアニメオタクだったとしましょう。

声優名・アニメ会社名・監督名・アバンタイトル・Cパート……ついつい口にしがちですが、恐らく一般的には通じない場合が多いです。よって、コアなオタク同士で会話をするとき以外は「業界用語」の乱用は避けるようにしましょう。

モテないオタクの改善点④:自虐発言・他作品への批判は控えよう

オタクが嫌われる要因になりやすいのが「他作品批判」ですね。

これはオタク同士でもあまり歓迎されない行為ですし、何もオタクに限ったことではないのですが、ともかくあまりネガティブな話題は避けるほうが無難です。

正直「他作品批判」をされて気分が良くなる人はいませんし、印象が悪くなる可能性が高いです。また、ネガティブな感情は伝染しやすいので批判や文句、そして過度の自虐はやめておきましょう。

オタクだからと言っても何も悪いことをしているわけではありません。自虐は相手を疲れさせてしまいますので気をつけたいところです。

モテないオタクの改善点⑤:好きな作品を(求められてもいないのに)勧めるのはやめよう

あなたの推し作品や趣味に相手が興味を持っているなら特に何も言うことはありません。

迷惑にならない程度にどんどん布教して下さい。ですが相手が自分の好きな作品や趣味に関心があるか分からないにもかかわらず、推しジャンルや趣味を無理やり勧めるような行為は絶対にやめましょう。そんなことをしたら、それは相手にとって推しジャンルじゃなくて押し付けジャンルになってしまいます。

せっかく仲間が増えるチャンスだというのに、そのチャンスをみすみす逃してしまうことにもなりかねません。相手にオタク趣味を普及したいのであれば徐々に時間をかけてじわじわと攻略、もとい懐柔していきましょう。

数カ月後にはきっと立派な同志に成長していることでしょう。

モテないオタクの改善点⑥:時間とお金を一部でも相手に使おう

私たちオタクは基本的にかなり一途ですよね。

それでいて不器用なタイプが多いです。だから気になる相手が出来たらオタク趣味と気になるお相手への「時間」と「お金」の分配が上手く行かず、どちらか一方が疎かになって結果的にパンクしてしまうということが多々あります。

もちろんオタク趣味とお相手に時間とお金を均等分配できればいいんですが、それもまた難しいです。というわけで、分配する自信がない場合の案を一つ提案してみたいと思います。

まずオタク趣味に対して全振りしていた時間とお金をいきなりお相手に全力で注いでしまうと(私なら)そのうち正気を失います。オタク趣味は依存性がありますからね。

じゃあどうするのかと言えば、まずはオタク趣味に注いでいた時間とお金の一部をお相手の方に使うようにしましょう。例えばスマホゲームに毎月2万円課金していたとします。

そのうち何割かをお相手の方に課金するようにしましょう。課金額の大きさによってお相手からレアな反応を引き出せるハズです。時間もまた同様です。

ゲーム内でのレベルアップのペースは落ちますが、あなたの恋愛経験値がドンドン加算されていきますよ!経験値が上がると恐らくお楽しみのボーナスがもらえるはずですから、張り切って頑張りましょう。

モテないオタクはモテるオタクに変身できる!

オタク変身

今回はモテないオタクの内面について考えてみましたがいかがだったでしょうか?「オタクだからモテない」というよりも「オタクでもモテる!」に誰しもが変身できる可能性があると思うと、世の中そんなに捨てたもんじゃないなって思いますよね。そもそもオタクって何も悪いことばかりではありません。人生の中で夢中になれることがあることは素敵なことですし、何よりも好きなもの・趣味に対して全身で「好き」をぶつけられることはスゴイことでもあります。ですから、オタク趣味を楽しみながらも気になる相手と少しでも接近できるように日々少しずつでも努力して行きたいですね。

The following two tabs change content below.
シュンスケ

シュンスケ

プロフィール画像の様な優し気で儚いけど意地悪そうなイケメンになりたいです。とにかく女の子にモテたいです。

コメント